書きたいことがあるのに書けない|ブログの幅を狭める心理

書きたいことがあるのに書けない|ブログの幅を狭める心理

私は以前、こことは違うブログをやっていました。

そのブログは最初は人知れずコソコソ始めたものの、次第にPVも増え、コメントも増え、リアルな知り合いにも知られる(自分で言ったんですが)ことになりました。

このように訪問者が増えるのはもちろん嬉しいことなのですが、一方でちょっと困った病気を発症することになったのです。

今回は他のブロガーさんに「あるある!」と感じてもらえることを期待し、その困った病気について書いてみたいと思います。

何を書いたらいいのか分からない病

当初、そのブログはオールジャンル(というか日記ブログ)のような形で書き始めました。

しかし、訪問者が増えてきたことで「何を書いたら喜ばれるんだろう?」ということばかりを考えるようになりました。

「コメントが多くついた記事は好評な記事に違いない」「アクセスないジャンルの記事はもう書かないでおこう」みたいな取捨選択をするようになったのです。

 

その結果、ある程度ブログのジャンルが固定化してしまいました。

ジャンルの固定化自体はは別に悪いことではありません。

最初から専門性を持ったブログもありますしね。

 

しかし、当時の私は圧倒的に知識不足・勉強不足でしたし、知識を取り入れる術もあまり知りませんでした。

そのため、どんどんネタ切れを起こし、更新頻度が下がることになってしまったのです。

書きたいことを書かず「らしい」ことを書く病

ブログを続けていると、自然とブログの中の自分にキャラクターが付いてきます。

「陽気」「根暗」「単純」「細かい」みたいな性格的なことから、「○○をしている人」みたいな立場、「○○派」みたいな考え方などをひっくるめたキャラクターです。

そのキャラクターは元々自分の中に存在するものなのですが、あくまで自分の一部分にすぎません。

 

人間というのは複雑で、例えば性格1つ取っても普段根暗な人が、時には陽気にはしゃぐことだってあります。

しかし、このような真逆な性質をブログに書いてしまうと、キャラクターの整合性が取れないような気になってしまうのです。

例えば普段根暗風に書いているブログが、急にテンションアゲアゲな文体になっていたら戸惑いますよね?

 

私はキャラクターの整合性を気にしすぎるあまり、書きたいことよりもそのブログのキャラクターらしいことだけを書くようになりました。

その結果、上記のジャンル固定化と合わせて、かなりブログに書く内容が制限されることになってしまったのです。

結果全然面白くない病

ジャンル固定化、キャラクターの特徴がしっかり出ている記事で面白ければ何も問題ありません。

しかし、私の記事は自分で読み返しても、どんどんつまらなくなっていきました。

ずっと同じことを書いているような、何も新しい発展がないブログになってしまったのです。

 

更新頻度が下がったせいもあって、コメントやアクセスもどんどん減っていきました。

どうにかしようと記事を書きたくても、自分で設けた制限が邪魔をして上手く書けない。

最終的に、そのブログは自然消滅の道を辿ることに…。

 

Advertisement

他人の目を必要以上に気にしないのも大事かも

これらは全て自分の自意識過剰が原因です。

検索で来る訪問者なんて1記事見て「さよなら」ということがほとんど。

何度かブログを見に来てくれる人でも、ブログをこと細かくチェックしている人は少ないです。

誰も気にしていないことを自分だけが異常に気にしているのです。

 

そりゃ需要を見越して人気の出るような記事が書けたり、キャラクターを際立たせて有名人になれるならやった方がいいかもしれませんが、これはかなり高レベルな技法です。

初心者のうちからやるのは危険でしょうし、ブログも楽しくなくなります。

 

ブログを続けていると、そのブログに愛着やこだわりを感じる人は多いと思います。

しかし、そのこだわりが変な方向に行き、自分で自分を縛り付けるようになるのは注意が必要です。

結局ブログは自分が書きたいことを書くのが一番。

このブログでは、この反省を生かし、できるだけ思うがままに書いていこうと思います。

あと、リアルな知り合いに自分のブログを教えると色々書きにくくなる部分もあるので、恥ずかしい人や自由に書きたい人は教えない方が後々楽かもしれません。

悪口を書くなら尚更ね…(ニヤッ)