ライターになる方法|仕事の求人はどこ?気をつけることは?

ライターになる方法|仕事の求人はどこ?気をつけることは?

私イッカは自分でブログもやっていますが、現在の主な収入源はライターのお仕事です。

ライターというのは記事を書いてお金をもらう職業のこと。

 

例えば自分のメディアでお金を稼いでいる人もライターと言えばライターですが、「ブロガー」とか「アフィリエイター」などと言うのが一般的です。

私は多少自前のブログでも稼いでいますが、今のところ高校生のお小遣い程度しか稼げていません。

 

そこで、個人・企業が運営しているwebメディア(ブログ・サイト)用の記事執筆を請け負い、それでお金をもらうということをしています。

こちらは頑張っても報われないこともある自分のブログ・サイトの収益と違い、頑張れば頑張るだけお金がもらえます。

私の場合、最高に良かった時は1カ月30万円以上もらっていました。

 

今回はそんな私の経験をもとに、ライターになる方法やライター求人のある場所、仕事の注意点を書いてみたいと思います。

(私は紙媒体などのライターなどはしたことがないので、あくまでwebライターの話として捉えてください。)

ライターになる方法

ライターは誰にでもなれます。

今すぐなれます。

自分で「ライター」を名乗れば、それはもう立派なライターです。

 

…分かってます、そんなことが聞きたい訳ではないことは。

どんな勉強が必要か?とかどんな資格があったらいいの?とかそういうのが知りたいところですよね。

 

しかし、ライターに必須となる勉強や資格も特にありません。

紙媒体や企業サイトなどある程度の権威あるところで書く場合は別として、ライティングスキルすら問われない仕事もいっぱいあります。

下で紹介する求人サイトを見れば分かりますが、未経験者OKという仕事も数多くありますよ。

 

ただ敢えて言えば「ググる」スキル(検索リテラシー)は大切だと思います。

ライターは自分の好きなこと・得意なことを書く仕事ばかりではありません。

最初は知識ゼロでも構いませんが、仕事をしながら常に書くジャンルの内容について勉強し続けないといけないのです。

 

記事を書く前に勉強するのが主に検索サイトで、自分の知りたい知識にどれだけすぐに辿り着けるかという力は、書く早さ・記事の質や正確性に直結します。

日常的に分からないことがあれば、すぐにググる癖をつけましょう。

ググる癖さえあれば自然と検索リテラシーは身につきます。

ライター求人はどこにある?

「ライター」と名乗ったところで仕事がなければお金になりません。

じゃあどこで仕事を見つければいいの?という話ですが、ここではいくつかに分類してご紹介します。

クラウドソーシングサイト

「ランサーズ」「クラウドワークス」に代表されるサイトです。

クラウドソーシングとは要するに外注のこと。

雇う個人・企業側としては雇用契約を結ばないため、少ない経費で必要なスキル・人材を獲得でき、雇われる人は自分のペースで仕事ができるというメリットがあります。

「ランサーズ」はこちら

「クラウドワークス」はこちら

 

ライターがクラウドソーシングを利用するメリットは大きく3つ挙げられます。

  • サイトが間に入っているため、比較的不払いのリスクが少ない
  • 求人数が多い
  • それなりに活躍していると直接オファーが来ることがある

 

一番大きいのは不払いリスクが少ないことですね。

例え企業を名乗っていても胡散臭い団体はいっぱいあります。

ネット上のやり取りだと、「せっかく納品したのにその後音信不通になった」なんてこともないとは限らないですが、クラウドソーシングサイトはその辺りしっかりと管理されているので安心できます。

 

一方でデメリットもあります。

  • ライターの報酬が少なめ
  • 更にマージンで報酬が減る
  • 条件の良い案件は競争率が高い

 

クラウドソーシングサイトは、ライター以外にデザインやweb製作の仕事も沢山あり、むしろそういったスキルを持つ人の方が稼ぎやすいサイトだと思います。

ライターの仕事も少なくはないですが比較的報酬は安く、更にサイトに中間マージンを引かれるので、手元に来るのは少ないです。

最初のライター武者修行の場として利用すると良いでしょう。

 

書くのに慣れている人なら、単発よりもなるべく継続依頼の仕事を選んだ方が比較的報酬は良くなります。

(良い条件の仕事はそれだけライバルも多く、受注できるか分からない部分もありますが)

私はランサーズに登録しており、いつの間にか認定ランサーになってました。

ライター求人特化サイト

ライター募集だけに特化した求人サイトもあります。

私が知っているのは「ライター募集@JOBPORTAL」というサイトです。

「ライター募集@JOBPORTAL」はこちら

 

ここは普通の求人サイトと同様に、応募するボタンから求人に応募する形のサイトです。

見事採用されれば、雇用主と直接やり取りしながら仕事を進めることになります。

 

私は一度このサイト経由で仕事をいただいていたことがありましたが、そもそもの求人数が少なく、募集締め切りも早い(競争率が高い?)のでなかなか仕事にありつきにくいのが残念です。

ただ、クラウドソーシングと違い中間マージンがなく、報酬は比較的高めになります。

ライター側が売りこむサイト

ライターがお仕事に申し込むのではなく、お仕事を売り込むサイトもあります。

有名なのが「ココナラ(coconala)」というサービスですね。

「ココナラ(coconala)」はこちら

 

ココナラは雇われるというよりも、「ライティング技術を売る」という形を取っています。

メルカリで物を出品するのと同じように、ココナラはサービスを出品するイメージですね。

 

私自身はまだ利用したことがありませんが、自分の言い値で売れるのはライターにとってはうれしいところ。

ただその分、確かなライティング技術は必要になってきそうです。

ちなみにランサーズでも「ランサーズストア」というサービスがあり、こちらも同じように自分の言い値で売ることができます。

直接のお仕事依頼

直接のお仕事依頼とは、ここまで紹介してきたサイトなどを通さずに来るライター依頼のことです。

ブログを運営していると、お問い合わせなどから直接「うちでライターやってもらえませんか?」という依頼が来ることがあります。

正直、これが一番おいしい仕事です。

 

なぜなら、どんなジャンルが得意かみたいなことも分かってもらえていますし、報酬も個人的な依頼だからか、高額を提示されることが多いためです。

私の場合、これまでのライター仕事はこの直接のお仕事依頼が最も多く、依頼してくれた人のおかげで今も何とか生きていると言っても過言ではありません。

もしライターをやるのであれば、自分でもブログを持って更新していくことをオススメします。

 

ただ、直接依頼は個人と個人のやり取りになることが多いので、ちゃんとその人が信用できる(お金を払ってくれる)人かどうか、見極める必要はあるでしょう。

私の経験上では払ってくれないという人はいませんでしたが、色んな人がいるので用心に越したことはありません。

報酬の良い・悪いの境界は?

ここまで「報酬が良い・悪い」と言ってきましたが、webライターの仕事はどれくらいなら安く、どれくらいなら高いのでしょうか?

これはそれぞれの経験・知識・立場によって異なります。

 

例えば普通の人がなかなか知らない専門知識を持っていれば、その専門知識が活かせるライティングなら誰でも書ける仕事よりも高額になる傾向があります。

こういった場合、1文字=2円、3円くらいの報酬になることも多いですね。

これなら2000字の記事で4,000円~6,000円なので、かなり時給換算でも良い稼ぎになります。

 

もし、何も経験・知識・立場を持たないライティング初心者だと仮定すれば、1文字=1円が好条件の目安になると思います。

初心者は0.5円とかの仕事が圧倒的に多いですが、探せばたまに見つかります。

ライターとして仕事をする上での注意点

webライターの場合、依頼主と直接顔を合わせる機会はほとんどありません。

そのため、ライター側が「ちゃんとお金払ってくれるかな?」と心配するのと同じく、依頼主にも多少なり不安があるはず。

「この人はちゃんとした記事書いてくれるかな?」「途中でバックレないかな?」という心配です。

 

という訳で、まずはライティング云々の前に信用第一!

報告・連絡・相談の「ほうれんそう」は必ず行うようにしましょう。

メールが来ているのに返信しないとか論外です。

これは社会人としては基本的なことですが、ネット上ではできない人が多いので、ここをしっかりするだけでも依頼人の信用をがっちり掴むことができます。

また、依頼人の不安を少しでも早く無くしてあげるためにも、納期が決まっていてもなるべく前倒しで納品してあげると喜ばれます。

 

ライティングのしかたは依頼人によって様々です。

かなり細かいところまで指定してくる人もいますし、細かいことはお任せという人もいます。

自分に合う・合わない書き方というのもあると思いますが、指定されたことはきっちり守って納品するようにしてください。

指定通りに書かないと修正しなければならないこともあり、余計に手間が増えます。

 

Advertisement

ライターのメリット・デメリット

最後にライターをしてきたことで分かったメリット・デメリットを紹介します。

ライターのメリット

  • 自分が知らなかった(知ろうともしなかった)知識が増える
  • 自分のペース、好きな時間に作業できる
  • 煩わしい人間関係が少ない
  • 自分のブログでも使えるSEOなどの知識が手に入る

 

個人的に一番良いのは、自分のペースで仕事ができること。

私は近くに人がいると集中できないという欠点があり、家の中で集中して仕事をしている方がはかどっている感じがするのです。

また、自分が全然知らず、知りたいとも思っていなかった分野(健康・美容など)にやたら詳しくなりました。

どんな分野でも勉強し始めると楽しくなってくるものですね。

ライターのデメリット

  • 収入が不安定
  • 何もウリがないと報酬が安い
  • 時間に追われる

 

ライターは収入面で言えばデメリットの方が大きいです。

依頼主の都合で継続案件が急に打ち切られることも少なくありませんし、そうなれば一気に収入がゼロになります。

また、私のような専門知識がほとんどない一般人は平均的な報酬が少なく、その結果「沢山仕事をやらなければならない⇒時間に追われる」という悪循環になりがちです。

有名ブロガーにでもなれば、最初から高報酬の仕事もあるんでしょうけどね。

 

ライターは良くも悪くも自分の頑張り次第のお仕事です。

最初は厳しいですが、真面目に働き沢山の経験を積めば、それが評価され次第に単価も上がっていきます。

また、webライターは依頼主からSEOなどの知識も教わる機会が多く、これを利用すれば自分のブログにも応用できます。

「文章を書くのが好き」「1人で仕事したい」「引きこもりたい」という方にはオススメの仕事です。