ブログの書き方のコツ!これさえ知っていれば初心者でもスラスラ書ける!

ブログの書き方のコツ!これさえ知っていれば初心者でもスラスラ書ける!

ブログを始めたけど、なかなか文章が書けない…

どう書いていいのか分からない…

このような悩みを持って手が止まってしまうことはありませんか?

 

私も初めて日記ブログを始めた時は、文章を書いては消し、書いては消しでなかなか更新できませんでした。

やっと更新できたとしても、「こんな文章で大丈夫かな…」とビクビクしたり(笑)

 

そんな私も今では書き方に悩むことはほとんどありません(ネタ以外)。

色々な記事を書いて、自分なりに少しずつコツを学んでいったからです。

今回は、初心者の方がブログを書く上で悩んでしまいやすいポイントについて、私がこれまで学んだコツや解決法を紹介していきます。

ブログは“ですます調”で書くべきか

「ブログは“ですます調”で書かなければならない」というルールはありません。

書きやすい方法で良いです。

無難なのはですます調(特にお金を稼ぎたいブロガーさんは)ですが、ほとんどのブログが“ですます調”で書かれているので、個性を出したいならですます調以外を選択するのもアリだと思います。

 

雑記ブログや日記ブログの場合、自分と同じような訪問者が来ることが多いです。

ですので、あなたの思うままに書いた方が訪問者の心に響きやすいかもしれません。

まぁでもここで悩むくらいなら“ですます調”で書き始めればいいと思います。

ブログの書き出し

ブログの書き出しについては、別記事に以前書いていますので、そちらを参考にしてみてください。

ブログの書き出しどうしてる?心を掴む書き出しをまとめてみた

 

これを読んでもどれにしようと悩む(もしくは読むのが面倒)なら、「こんにちは、○○です」でいいです。

ブログの読みやすい書き方は?

あまりキツキツ・改行だらけに書かない

最近は少ないですが、以前は読みにくいブログ・サイトが結構沢山ありました。

↓のような書き方です。

こんにちは、イッカです。今日は山へ芝刈りに行きました。山で芝を刈っているいると、川からおばあさんがどんぶらこどんぶらこと流れてきてびっくり仰天。慌てたイッカはスマホで写真を撮ってインスタにアップしました。めでたしめでたし。

このようにびっしり文章が隙間なく書かれていると読む気が無くなりますよね。

逆にこういうパターンもありました。

こんにちは

 

 

イッカです。

 

 

 

今日は

 

 

なんと

 

 

 

なんと!!

 

 

 

 

芝刈っちゃいました!!!

昔の芸能人ブログによくあったパターンです。

無駄に改行多くてこれもこれで読みづらいですよね。

 

どのくらい書いたら改行・行間を開けるのかというのは人それぞれの見解がありますが、私はライターなどで指定がある場合を除き、1文で改行するようにしています。

そして2・3文書いたらそれを1つのブロックとして、行間を開けています。

 

ずっと同じ調子だと何となく淡々とした印象を与えるので、適度に行間を挟んで短いブロックをいくつも作ることで、読みやすくしているつもりです。

もし読みやすい書き方で悩むのなら、とりあえず同じように書いてみてください。

見出しをつける

見出しとは↑の「見出しをつける」のような少し大きめになる文字のこと。

見出しにしたい部分を<h2>と</h2>で挟むことで見出しになります(全て半角に直してください)。

更に1つの見出しの中ででいくつかの項目を設ける時は同じように<h3>~</h3>、<h4>~</h4>となります。

 

この見出しは文字が大きくなるだけでなく、グーグルが記事の構成を知るための手がかりにもするものなので、結構重要です。

最低でも1つの記事に2つか3つは見出しを付けましょう。

見出しは話が変わる部分につけるようにしてください。

書く記事の内容が決まらない

雑記・日記ブログで書くネタがない時は誰にでもあると思います。

そういう時は、

  • 何かを体験する(旅行・初体験のことなど)
  • 買ったものをレビューする
  • 興味があるニュースを自分なりに斬ってみる
  • ふと疑問に思ったことを調べてみる
  • 最近勉強したことを書いてみる

といった方法があります。

 

SNSを覗いてみたり、外に出かけてみたりすることでふっとネタが出てくるかもしれません。

重要なのは常にネタを探すアンテナを立てておくことです。

そして書き始めたネタは駄文でも必ず最後まで完成させて更新してください。

 

もっと良いネタ探しの方法を見つけました!

こちらも試してみてください。

⇒ ブログのネタの探し方を発見!ネタ切れで書けない人は試してみて!

キーワードって何…?

ブログを検索から見つけてもらいやすくするのに重要なのが記事のキーワードです。

↓にキーワードの見つけ方を書いていますので、参考にしてみてください。

ブログのキーワード選定方法|検索からのアクセスを増やそう!

 

全部やるのが面倒なら、ひとまず「goodkeyword」で書きたい内容と合致する関連ワードをチョイスして書いてみてください。

(本当はちゃんとやった方がいいけど…)

文章で伝えにくい

文章を書くのに慣れていないとか文章で表現しづらい内容を取り扱う場合は、文章以外の方法も考えてみると良いです。

例えば画像にしてみる、表にしてみる、動画や音声にしてYoutubeにアップロードしてみる、といった方法です。

これらの方法は全てブログに貼り付けることができます。

ブログは絶対に文章で表現しなければならない場ではないので、どんな方法でも表現できればOKです。

 

文章の表現力をつけるなら、やはり色んな人の本やネット上の文章に触れ、自分も文章を書き続けるのが近道でしょう。

ただ、これはすぐに身につくものではないので、書きながら徐々に上げていくという感覚で良いと思います。

もう少し早く書きたい

1記事に何時間もかかる…と悩んでいる人は以下のことを試してみてください。

時間を計りながら書いてみる

記事を書いている時にあれこれ気が散って時間がかかるという場合には、1記事にかかる時間を計ってみる方法がおすすめです。

時間を計ると人間どうにかタイムを縮めようという気持ちになります。

最初に1時間5分かかったとすれば、次は1時間、その次は55分というように目標を設定し、毎日のタイムを記録しておけば、記事を早く書くためのモチベーションに繋がるはずです。

タイトル・見出しから書き始める

ブログを書く時には書きながら書くことを考えるより、あらかじめ書く内容をしっかり決めて書き始めた方が時短になります。

書いている途中で「あれ?何書こうとしてたんだっけ?」となったり、急にピタッと手が止まってしまう場合、書く内容が定まっていないのが原因かもしれません。

 

しっかり事前に書く内容を決めてその通りに書くためには、タイトルと見出しから書き始めるのが良いです。

こうすることで、後はそれぞれの見出しにあった本文を当てはめていくだけの作業になり、「書こうとしていたことを忘れる」といったことがなくなります。

 

ちなみに私がブログを書く流れとしては、

  • タイトル・見出しつけ
  • 本文記事を書く
  • 文字装飾する
  • 画像を探して記事に貼り付け

というふうにしています。

記事の内容をテンプレート化する

もし毎回同じようなブログの構成になるのであれば、いっそのことテンプレートを作ってしまうという方法もあります。

例えば旅行記事が多いブログの場合、以下のようなテンプレートがあれば、書く内容が決まっているので書きやすく、時間短縮になります。

【書き出し文】

【見出し2 今回行った○○はどういうところ?】

・最初に行った場所の概要説明

【見出し2 ○○のみどころ!】

・実際に行ってみて印象に残った場所やその魅力

【見出し3 印象に残った場所その1】

【見出し3 印象に残った場所その2】

【見出し3 印象に残った場所その3】

【見出し2 まとめ】

・旅のまとめ

同じジャンルの記事が多いブログではテンプレート化できないかどうか考えてみましょう。

 

Advertisement

とにかく悩む時間を減らそう

ブログは考え始めて更新がおろそかになり、そのままフェードアウト…ということになりがちです。

そのため、とにかくまずは悩まないことが重要と思い、敢えて「じゃあこれで!」みたいな書き方をしています。

 

ブログは後から編集も削除もできるので、まず書いて形にしてみるのが大切。

悩む前にまず書いてみる精神を大切にしましょう!

ちなみにこの記事は「キーワード選定」記事を書いている途中で見つけた「ブログ 書き方 コツ」を使ってみようと思い、とりあえず書いてみた記事です。