自由に生きる人がその裏側と代償をぶっちゃける

自由に生きる人がその裏側と代償をぶっちゃける

「自由に生きたい」「自分で自分の時間を使いたい」

このような願望を持ってブロガーやユーチューバーなどの職業に憧れる人は多いと思います。

確かに今仕事に追われ、自分の時間が持てないという人にとって、「自由」という響きはとても魅力的ですよね。

 

私は貧乏ではありますが、現在かなり自由な身です。

というか現在だけでなく、私は他の人よりもかなり自由な期間(ニートとも言う)を過ごしてきた経歴があります。

 

自由なのでお金がかかることでなければ毎日やりたいことができます。

1日10時間くらい眠るのも自由、1日中本を読んだりゲームをするのも自由。

 

それが毎日続きます。

うらやましいですか?

ですが、自由の裏にはその代償が付きまといます。

今回は自由に憧れる人に覚えておいて欲しい、自由の裏側について書いてみたいと思います。

自由には向き・不向きがある

自由は多くの人が憧れるものだと思うのですが、実は向き・不向きがあります。

自由に向いていない人は自由になった途端、不幸になります。

 

では自由に向いていない人とはどういう人でしょう。

答えはずばり「何も目的がない人」です。

特に目的もなく、自由を手に入れたらどうなるかわかりますか?

ダラダラしてしまうのです。

 

最初はこのダラダラが最高に幸せに感じます。

自分の好きな時間に起きて、起きてからもぼけーっとテレビを見ていても、パチンコに行ってもOK。

なんなら朝からビールでも飲んじゃう?

ハッピーですね。

 

しかし、それが1カ月、2カ月…と続けばどうでしょう?

確実に暇を持て余していきます。

しかし、気づいた時にはダラダラした生活に慣れ過ぎて、何もやる気がしません。

そんな自堕落な生活を抜け出したい、でも抜け出せないという葛藤に苛まれて、あんなに楽しかったはずのダラダラ生活が苦しくなっていきます。

「どうにかしたい、でもどうにもできない」

これがいわゆるニートの心境です。

 

「自由になって○○したい」という目的がない人は、つかの間の自由があるくらいが一番幸せだろうと思います。

もし本当に自由になりたいのであれば、自分の好きなこと・やりたいことをはっきりさせておいた方がいいでしょう。

自由もまた就活と同じく(就活以上に、かも)、自己分析が大切なのです。

自律できるように訓練が必要

「私はブロガー(ユーチューバー)として活躍したいという確たる目的があるから大丈夫!」そう思っている人も絶対に大丈夫とは言えません。

なぜなら人は堕落していく生き物だからです。

 

ブロガーやユーチューバーは家でも仕事が始められます。

そこに口うるさい上司や、切磋琢磨する同僚はいません。

 

すると、自分に甘い人は「今日はしんどいからお休み」と言って簡単にサボってしまうのです。

別にブログやユーチューブは誰かから強制されるものではないので、サボっても叱られたりしません。

このようにサボり出すと人間堕ちるのは早いです。

すぐにブログや動画の更新頻度が落ち、結果として職業として稼げないばかりか、上で書いた「目的がない人」と同じニートの苦しみの味わうことになります。

 

しっかりした目的がある人も、自分で自分の作ったルールをしっかり守る強い意志が必要です。

自分に甘いと自覚がある人は、何度か失敗して訓練していくのが一番の方法かもしれません。

自由は自己責任が伴う

もし、あなたがサラリーマンだとしたら、ちょっと会社を思い出してみてください。

あなたの会社に、仕事ができないのにずっと会社に居続けている人はいませんか?

このような人が会社を辞めて自由になったら、どうなるでしょう?

 

確実に食べていけないですよね。

なぜなら自由は自己責任だからです。

 

普通の会社は従業員にある程度責任を持ってお給料を払ってくれますが、自分で自由にお金を稼ぐ時には100%の実力勝負となります。

実力がなければ例え朝から晩まで仕事をしても0円です。

 

私は実際にこんなタダ働きを何十時間を経験しています。

これにあなたは耐えられますか?

 

Advertisement

自分の意志に関係なく自由になる日は近いかもしれない

ここまで「自由は厳しいところもあるよ」っていう話を書いてきました。

これを読んで、「自由に憧れてたけど、現実は厳しいな」と感じてくれた人も100万人に1人くらいはいるかもしれません。

 

そもそもこの記事を書くきっかけになったのは、とある方のブログです。

そのブログは大学生くらいの人が運営しており、「満員電車に揺られて会社に行く人生は嫌だ。俺は自由に生きる」的なことがブログの目的として書かれていました。

そう思う気持ちは分かります。

 

でも、会社で働くことの辛い部分は知っていても、意外とブロガーとかユーチューバーの辛い部分って見えにくいところがあります。

ネットで成功したインフルエンサーは良い部分しか書かないからです。

そこで、ネットで失敗しがちな私が、現実の厳しさを書いてみたのが今回の記事です。

 

しかし、今後は自分の意志に関係なく自由な世界に放り出される人が増えるかもしれません。

AIの進歩によって現在の仕事の50%近くが無くなると言われているからです。

人間の仕事にAIが置き換わるようになれば、一般人が「自由な生き方」から距離を取ることは難しくなります。

急に自由になった人がどうなるかは上で書いた通り。

きっとニートの苦しみを味わう人、堕落していく人、お金が稼げなくなる人が急増することでしょう。

 

この記事に書いている自由の代償は、過去に全て私自身が経験したことに基づいています。

あなたにはどうか私の手痛い失敗を踏まえて、是非自由になった時の準備・心構えをしておいてもらいたいと思います。

しっかり目的を持って自分を律し、収入を確保することができれば、自由な時間は最高に幸せで充実した時間になることでしょう。