今の仕事辞めて好きなことをする時に考えておきたい5つのこと

今の仕事辞めて好きなことをする時に考えておきたい5つのこと

「今のつまらない仕事を辞めて、好きなことをして生きていきたい。」

このように考えている人は最近増えてきているように思います。

実際にネットで自分の趣味を発信することで稼いでいる人も多くなってきましたし、環境は少しずつ整ってきていますよね。

 

私自身も会社に縛られたくない人間なので、会社に属さず、自分の好きを仕事にできるようになるのは喜ばしい事だと思っています。

しかしその一方、好きなことがしたい一心だけで仕事を辞めてしまうと、「こんなはずじゃなかった…」となる場合も。

 

ネットで大成功を収めている一握りの人ばかりが注目を集めますが、その裏ではもちろん、残念な結果になってしまった人も数多く存在しています。

でも、成功談はネット上に沢山あっても、失敗談というのは少ない(というか埋もれてしまってる?)ですよね。

最初から失敗を考える人はいないと思いますが、やはりリスクは最小限にとどめておきたいものです。

 

そこで今回は「好きなことをするために仕事を辞めようと思っている人」へ向けて、仕事を辞める前に考えておきたい5つのことを紹介します。

仕事を辞める前に考えておきたい5つのこと

好きなことが本当に続くかどうか

まず最初に考えておきたいのは、自分の好きなことが本当にいつまでも好きでいられるか、ということです。

自分の好きなことをしたくて仕事を辞めたのに、肝心の好きなことにすぐに飽きてしまうのなら、何のために仕事を辞めたんだ?って話になりますよね。

まぁすぐに飽きてしまえば再就職という手もありますが、それでも前職よりも待遇が悪くなるなどのリスクはあり得ます。

 

このようなことにならないためには、冷静に「自分が本当に好きなことなのかどうか」をよく考えてみてください。

例えば、「好きなことがしたい」というのが「今の仕事が嫌」という気持ちの隠れ蓑になっていたりはしませんか?

もし、そのような気持ちであれば仕事を辞めた後、「好き」という気持ちはあまり長続きしないでしょう。

 

また、自分が飽きなくても、好きなこと自体がサービス終了・ブーム終了などで終わってしまうリスクもあります。

好きなことが長く続けられるものかどうかは、ある程度考えておく必要がありそうです。

貯金でどれだけ生活できるか

好きなことを仕事にする場合であっても、最初からお金を稼げるのは稀です。

何かお店を出すにしても最初は出ていくお金の方が多いですし、ネットを使った情報発信などはそこまでお金をかけずにできますが、タダ働きの期間はどうしても出てきます。

そのような無収入、またはマイナスになる期間には、これまでの蓄えがないと生活できません。

最低でも半年~1年は無収入でもなんとかなる程度の蓄えはしておきましょう(もちろんビジネスに使うお金は別として)。

 

ただ、これにはバランスも大事です。

「貯金がないから」という理由で、結局行動に移せない人も結構多いんですよね。

貯金はいくらあっても困ることはないですが、それが理由でやりたいことができないのはちょっと違うと思うので、ある程度勇気を持って踏み出すことも大事です。

好きなことが収入に繋がるかどうか

「好きなことを好きなようにやる」これだけでは大抵の場合、お金を稼ぐことができません。

働いていた頃の貯金が0になれば、当然生活が立ち行かなくなってしまいます。

ですから好きなことを仕事にして収益化の道を探る人が多いんですね。

 

例えばハンドメイドが好きな人ならショップで販売したり、本が好きな人なら書評を書いてブログで広告収入を得たり、ゲームが好きな人なら実況動画をアップしてユーチューブで広告収入を得たりしている訳です。

あなたの好きなことはこのような収益化ができるものかを考えておく必要があります。

もし、収益化できるなら、仕事を辞める前に最低限その方法について学んでおく必要があるでしょう。

同じ趣味の人が収益化している場合は、そのモデルを勉強するのが一番手っ取り早いです。

 

もし、収益化できそうにない趣味なら、時間を確保するためにアルバイトなどで生活費を稼ぐというのも一つの手です。

この場合、アルバイトに力を入れすぎると本末転倒なので、時間を確保できる高時給のアルバイトなどがオススメ。

収入に繋げる方法は続けられることかどうか

好きなことでお金を稼ぎたい。

これは多くの人が考えることですが、場合によっては収入に繋げる方法が自分に合わないこともあります。

 

例えば上で「本が好きな人なら書評を書いてブログで広告収入を得たり」と書きましたが、本が好きな人の中には読むのが好きなだけで、文章を書くのは苦手って人もいますよね。

このように、好きなことと、それを収益化する方法が好きかどうかは別問題なのです。

もし文章を書くのが嫌なら書評ブログなんて書けませんよね。

 

また、もし本も好き、ブログを書くのも好きという場合でも、他のライバルよりも抜きん出るなら、「○○ジャンルは誰にも負けない」と言えるくらいその道のプロになる必要があります。

中途半端な好き程度ではなかなか注目されませんからね。

いくら好きなことでも、ずっと1日中同じことを考え続ける生活に耐えられるかどうかも個人差が出てきます。

 

このようなことは実際にやってみないと分かりません。

「同じ本好きがやってるから自分もできるだろう」と思っても、書けなかったり、全然面白くなかったりで続かない可能性もあります。

仕事を辞めてしまう前に、収益化する方法がちゃんと自分にできるかどうかを実際にやってみておいた方がいいでしょう。

ローン、カードは働いているうちに!

これは好きなこととは直接関係ありませんが、ちょっと現実的なお話です。

好きなことで稼ぐにせよアルバイトをするにせよ、これまで正社員で働いていた人にとっては仕事を辞めると確実に世間の信用は落ちます。

特に生活する上で困るのが、ローンを組んだりやクレジットカードが作りにくくなる、ということ。

もし、大きな買い物をする人は会社を辞める前にローンを組んでおいた方がいいでしょうし、クレジットカードがない人はもしものために1枚くらいは作っといた方が良いと思います。

 

また、信用という面では周りの人の反応も正社員と「好きなことをしていく」と言っている人じゃ全然変わってきます。

特に家族にはしっかり理解してもらってから、仕事を辞める決断をしましょうね。

 

Advertisement

仕事を辞めて好きなことをするのは大変!でも、やる価値はある

ここまで書いてきたように、仕事を辞めてまで好きなことに熱を注ぐというのは結構大変な部分があります。

お金で苦労したり、周りの人に笑われたりして、好きだったはずのことが全然好きじゃなくなることもあるかもしれません。

 

でも私は一度きりの人生、本当に好きなこと・やりたいことがあるなら人生を賭けてでもやる価値はあると思います。

 

ちなみに私は好きなことをしたくて仕事を辞めたわけではなく、病気で渋々自主退職という形になったのですが、その後は「個人で稼いで安定した生活をできるようになりたい」というのを人生の目標としています。

その結果、色んなことにチャレンジしてその都度失敗してきた訳ですが、方法などに後悔はあれど、目標にしている事自体に今も迷いはありません。

心が折れたりくじけたりしないのは、やりたいことをやっていることで、精神的に充実しているからだろうと思います。

 

「苦労を背負ってでも」という覚悟はあるなら是非チャレンジしてみてください。