電子タバコに入門して1カ月の体験談!たばこ依存症でも乗り換えできたのか?

電子タバコに入門して1カ月の体験談!たばこ依存症でも乗り換えできたのか?

2018年10月1日――

またもやたばこ代の値上げがありました。

たばこ依存症、そして貧乏人の私イッカにとっては大問題。

そんな時、私はVAPEという電子タバコに出会うことになったのです。

その時の記事がコチラ↓

⇒ またもやタバコ税値上げで喫煙者の財布がピンチ!何か方法はないのか…?

 

VAPEが到着してからそろそろ1カ月となります。

今回はVAPEを吸い始めて1カ月経過した現在までの体験と、実際に紙巻たばこからどの程度乗り換えできているのかについて書いてみたいと思います。

電子タバコ入門は超簡単!

「VAPE」などで検索したことがある人は分かると思いますが、「アトマイザーが…」「テクニカルmodが…」と難しい用語が沢山出てきます。

このような用語を目にして(電子タバコって難しそう…)って尻込みしてしまいませんか?

私は(色々知ってないとダメなのかな…)と尻込みしまくりました。

でも、電子タバコを吸うだけなら、これらの用語は全く知っている必要はありません!

 

電子タバコはスターターキットというものを購入すれば、たばこに火をつけるのと同じレベルで簡単に吸うことができます。

私が最初に購入した電子タバコは「Justfog minifit」というスターターキットでした。

 

スターターキットの他には「リキッド」と呼ばれる電子タバコの味(香り)がする液体を購入する必要があります。

リキッドは色んな会社から様々なフレーバーが発売されていますので、まずは色々試してみるといいでしょう。

ちなみに私はスターターキットにお試しリキッドが付属していたので、最初はそのリキッドを吸っていました。

↓のレッドブルはなかなか美味しかったです。

特大サイズの国産リキッド レッドブルフレーバー100ml
  • XLVAPOR
  • 価格   ¥ 1,980 ¥ 2,484 prime
  • 販売者 マルゴコーポレーション
クリックして今すぐチェック

 

さて「Justfog minifit」の使い方です。

「Justfog minifit」は上と下2つのパーツに分かれています。

まず、下部分のお尻にある穴にUSBを突っ込み充電します(ランプが3つついたらフル充電)。

充電が終わったら上部分にリキッドを注入し、上下のパーツをくっつけて、ボタンを押せば吸うことができます。

以上!

ね、簡単でしょ?

簡単すぎて私は拍子抜けするほどでした。

ちなみに、一度充電満タン、リキッド満タンにすれば、私の場合1日は余裕で持ちました。

たばこを吸っている人は違和感を感じる

 

さて最初に吸った感想は、「たばことは違うなー…」というものでした。

まず、味が全然違います。

リキッドにより味が変わることは書いた通りですが、VAPEのリキッドは基本的に甘いものが多いです。

紙巻たばこの味に慣れている人は最初は違和感しか感じないでしょう。

また、ニコチンが入っていないリキッドでは、喉への刺激も全くありません。

たばこを吸っている時は意識もしたことありませんでしたが、ニコチンによる喉への刺激は結構喫煙をする上で重要な要素となっていたようです。

 

「Justfog minifit」はボタンを押している間に煙が発生し、それを吸い込む形で摂取するのですが、これも最初は違和感がありました。

たばこのように煙を自分の力で吸い出すというより、煙を口の中に放り込まれる感覚で、たばこと同じ感覚で吸うと無駄に空気を吸い込みすぎてしまうのです。

初日はこのせいでゲップばかりしていました(笑)

ただ、これは2日3日と吸っていくうちに自然と慣れていきました。

ニコチンなしリキッドで禁煙はキツイ

国内で販売しているVAPEリキッドはニコチンが含まれていません(法律上ニコチン入りリキッドは販売禁止されているようです)。

私が購入したスターターキットに付属していたリキッドも当然ニコチンは入っていませんでした。

ただ、やはりニコチンなしリキッドではたばこと同じ満足感は得られません。

これだけでたばこと置き換えるのはかなり無理っぽいと思いました。

そんな訳でノンニコチンリキッドを吸っている間は、ほとんどたばこの量は減りませんでした。

 

ですが、これは以前も電子たばこを吸っていた経験から私自身わかっていたことです。

ではどうするか?

個人輸入を使ってニコチン入りリキッドを手に入れれば良いのです。

リキッド販売で有名なのは中国のHiLIQというショップですね。


HiLIQはこちら

 

HiLIQなどでは、ニコチン入りの様々なフレーバーが販売しています。

ただ、私はたばこ代が高くてVAPEに乗り換えたので、リキッド代をなるべく安くするため、このHiLIQでニコチンベース液というものを購入し、自作でリキッドを作ることにしました。

ニコチン入りリキッドの作成に試行錯誤する

私はスターターキットとニコチンベース液を同時に購入していたのですが、9月初めの台風の影響で関西空港が閉鎖しており、ニコチンベース液は注文して10日後くらいにようやく到着しました。

そこから私は新たなステップ、リキッド自作の道へ進むことになったのです。

 

ニコチン入りのリキッド自作には以下のものが必要となります(最低限)。

VG液(グリセリン)

VG for Liquid 410g(330ml) 【98.0%濃グリセリン】
  • クサノハ化粧品
  • 価格   ¥ 750 prime
  • 販売者 有限会社クサノハ化粧品
クリックして今すぐチェック

PG液(プロピレングリコール)

PG for Liquid 330g(330ml) 【99.9%PG】
  • クサノハ化粧品
  • 価格   ¥ 850 prime
  • 販売者 有限会社クサノハ化粧品
クリックして今すぐチェック

ニコチンベース液(私の場合72mlのものを購入しました)

調合用の注射器・スポイトなど

 

VGとPGについては、両方が混ざった混合液というものも販売されています。

【VG・PG混合液】 (70:30)
  • クサノハ化粧品
  • 価格   ¥ 800 prime
  • 販売者 有限会社クサノハ化粧品
クリックして今すぐチェック

ただ、混合割合は人によって好みがある(VGが多いと甘味が多くなる)ため、最初は自分で割合を変えてみるのもいいかもしれません。

 

ニコチン入りリキッドはVGとPGを混ぜたベース液にニコチンベース液を混ぜて作成します。

理科の実験みたいで楽しいですが、ニコチンベース液は毒物で皮膚についたらヤバイため、手袋などを付けて慎重に作業する必要があります。

また、ニコチンを入れる濃度を間違えると、最悪死に至ることもあるようです。

こちらのサイトなどにある「ニコチン入りリキッド計算機」を参考に、しっかり計って調合してください。

(私の場合はVGとPGを5mlずつ混ぜたベース液に、ニコチンリキッドを0.7ml混ぜています。

 

で、私はこのニコチンの取り扱いにビビりすぎるあまり、最初はかなり少量しかニコチンを入れていませんでした(0.1ml程度)。

あまりに少なすぎて、ニコチンを入れても何も変わらず、「ニコリキ(ニコチン入りリキッドのこと)ってこんなもん?」とか思っていました。

改めて計算してみて、全然量が間違っていることに気づき(7日ほど前の話)、ようやく最近実用的なニコリキが完成したところです。

 

現在は、このリキッドにメンソール結晶をほんの少量入れて吸っています。

ニコリキが出来たらほとんどたばこが要らなくなった

さて、まだちゃんとしたリコリキができて1週間程度ですが、この1カ月でかなりたばこを減らすことができました。

9月の時点で私は1日30本くらいはたばこを吸っていたと思うのですが、現在は1日に2,3本程度まで抑えられています。

たばこが減っていく経過としては以下のような感じでした。

  • ノンニコチンリキッド(9月の終わり~10月初め):1日20本程度
  • 微量ニコチンリキッド(10月初め~10月中旬):1日10本以下
  • がっつりニコチンリキッド(10月中旬~10月後半):2~3本

まだVAPEだけではほんの少し物足りない時もありますが、我慢すればなんとかなるレベルです。

完全移行まで、そう時間はかからなそうな感じですね。

お金はどれくらい浮くのか?

さて、最後に肝心な「お金がどれくらい浮くのか」についてです。

私の場合、以前は1日1箱半ほどたばこを吸っていたので、450円×1.5(1日の量)×30(日)=20,250円ほど1カ月のたばこ代がかかっていました。

 

これをVAPEに完全移行した場合、

  • VG液=1カ月に30ml(70円弱)
  • PG液=1カ月に30ml(80円弱)
  • ニコチンベース液=1カ月に4.2ml(1ドル=112円として、70円弱)
  • メンソール結晶=少量(20~30円程度?)
  • ※1アトマイザー(Justfog minifitの上部分)代=2回交換で700円程度
  • ※2本体代=6か月で故障するとして383円

 

※1

アトマイザー(Justfog minifitの上部分)は2週間ほどで交換が必要と言われていますが、私の場合はおよそ3週間くらい持ちました。

吸った時に焦げたようなオエッとなる香りがしたら交換が必要となります。

Amazonで交換用アトマイザーも3個1,000円ほどで売っていますよ。

 

※2

本体の寿命はよく分からないので、ここでは寿命が半年という計算にしてみました。

 

かなり多く見積もって1333円になります。

20,250円が1,333円!これはかなりデカイですね!!

仮に今のようにたばこと併用して1日3本程度吸い続けたとしても、4,000円以内に収まります。

 

ただ、最初は色々準備する必要があるため、どうしても高くつきます。

2カ月目、3か月目から費用の安さが実感できてきそうですね。

ひとまず私はVAPEに完全移行できるように頑張っていきたいと思います。