【Justfog minifit レビュー】超小型のVAPEは“やすい”が三拍子そろった優れもの!

【Justfog minifit レビュー】超小型のVAPEは“やすい”が三拍子そろった優れもの!

私イッカは電子タバコデビューを無事に果たし、今もVAPEの勉強の真っ最中でございます。

今回の記事ではそんなデビューを飾ったスターターキット「Justfog minifit」をレビューしてみたいと思います。

 

実は私、「Justfog minifit」は2週間程度で早々に卒業しまして、私と同じくヘビースモーカーである親にあげました。

現在はスターターキットの中でもかなりメジャーな機種と思われる「Joyetech eGo AIO」を使っております(どうせもう1つ買うならネタになるし、という理由で別の機種を買いました)。

私は今のところ、この2台しか知らない身体なので、そこらへんを踏まえて読んでみてください。

ちなみにこのJustfog minifitはとあるブロガーさんにオススメされて購入したのですが、噂に違わず良い買い物でした。

Justfog minifitの特徴

このVAPEの最大の特徴はやはりサイズではないでしょうか?

上の写真を見ても分かる通り、たばこの箱よりも小さく、手の平にすっぽり収まる大きさです。

持ち運びやすさバツグン。

普通にズボンのポケットやジャケットの内ポケットに忍ばせておくこともできますし、改造して紐を付ければホイッスル変わりにぶら下げておくこともできそうです。

このサイズ感は特に女性にぴったりな気がします。

 

ただ、ポケットなどに入れておく場合、気になるのが吸い口の部分。

吸い口がむき出しになっているので、なんとなく汚く感じるかもしれません。

取り外しできるキャップみたいなものがあれば便利かなーと思っていました。

で、ググってみたら最初にアトマイザー部分(上半分のパーツ)についてくる薄いプラスチックケースをカットしてカバーにしている人もいるようです。

確かにこれは良いアイデアかもしれないですね!

 

私は一回外の喫煙所で吸う機会がありましたが、本体が小さく手の平に収まるので、いかにも「VAPE吸ってます」という感じじゃなく、コソコソ吸えるのは良いなと思いました。

目立ちたくない人にはぴったりなVAPEだと思います。

Justfog minifitの使い方

使い方は初心者の私でもめちゃくちゃ簡単でした。

まずは充電

上の写真のように吸い口とは反対側のケツにUSBを突き刺します。

ランプ3つが最大ですが、100%になるとランプが消えるようになっています。

私の場合は充電は1回満タンにすれば、1日経ってもランプ1つくらいは残ってました。

寝る前に充電をお忘れなく!

 

次にリキッド注入

リキッドとはたばこでいう葉っぱのことですね。

VAPEではたばこの葉を燃やす代わりに、リキッドを蒸発させて煙を吸います。

リキッドはAmazonや楽天などで色んな味が販売していますよー。

(ニコチン入りはHiLIQなどで個人輸入しなければなりません。)

 

で、Justfog minifitのリキッド注ぎ口は分解したアトマイザーの下側を開けたところにあります。

ここですねー。

左右に穴がありますが、どちらから入れても大丈夫です。

一般的に売っているリキッドの口がちょうど入る大きさなので、ゆっくり注入すれば漏れて手につくこともありません。

 

タンクの容量は1.5mlと少ないですが、この機種自体がそんなに蒸発させる力がないせいか、意外と長持ちします。

私は1日中使ってもなくならない程度は持ちました。

リキッドを節約したい方にもオススメできる機種かもしれないですね。

 

さて、準備はこれで終了です。

あとは真ん中についているボタンを4回カチッカチッと連続で押せば電源がつき(充電中と同じライトが点灯します)、その状態でボタンを長押しすることで上の口から煙が出てきます。

吸い終わったら再びボタンを4回連続で押すと電源がオフになります。

たまに電源がオンしにくいこともありますが、カチカチやってればそのうちつきます(笑)

吸ってみた感想・評価

まだ2台しか使っていないので、他と比べてどうこうは言いにくいのですが、私なりに感じたことを書きます。

まず良い面としては現在使っているJoyetech eGo AIOと比べても、味がそこまで薄くないこと。

リキッドの減りが少ない割にこれは嬉しい点ですね。

初心者なら充分満足できると思います。

 

たばこからVAPEに切り替える人にとっては、吸い口が大きいのが気になる点です。

たばこよりも横広の吸い口なので、慣れていないと吸いづらいというか、不自然な感じがします。

しばらく使っていくうちに何とも思わなくなるでしょうが、最初のうちは漏れると思って空気を吸い込みすぎたりするかもしれません。

(私は購入初日、空気が入りすぎてゲップばかりしてました(笑))

 

また、VAPE特有の「肺吸い」がしにくいという欠点もあります。

(たばこは一旦口に煙を入れてから肺へ入れますが(口吸い)、VAPEは出た煙をそのまま肺に入れる(肺吸い)する人もいるそうです。肺吸いすることによってリキッドの味も結構変わります。)

肺吸いはVAPE側からの煙の勢いも大事になってくると思いますが、Justfog minifitは口が広いこともあって、煙が押し寄せる勢いがそれほどありません。

口吸いするなら問題ないですが、肺吸いしたい人には向かない機種かもしれないです。

 

Advertisement

“やすい”が揃った初心者にもぴったりな機種

という訳でレビューをまとめてみたいと思います。

Justfog minifitの良いところ

  • 小型で持ち運びしやすい
  • 使い方が分かりやすい
  • リキッドの消費が少ない割に味はしっかり感じる

Justfog minifitの難点

  • 吸い口が大きく慣れが必要
  • 肺吸いがしにくい

の2つが挙げられます。

上級者が良いというものは良いに決まってる!

上では挙げていませんでしたが、スターターキットも2,300円前後とリーズナブル。

という訳で「購入しやすい・持ち運びやすい・使いやすい」と3拍子の“やすい”が詰まった初心者にはぴったりな機種だと思いました。

 

一方でVAPE上級者の方でも2台目などで使っているようで、初心者から上級者まで使える懐の深い機種のようです。

流石にオススメしてくれた機種だけあって、間違いない買い物でした。

あなたもVAPE入門を考えているならオススメですよ。